TAKE A CHANCE.com

武道館の原作者朝井リョウのプロフィール!

      2017/02/10

スポンサーリンク
 

2016年の新ドラマとしてこの度、製作発表が行われたドラマ「武道館」。「土ドラ」枠の放送予定ということで今からとても楽しみです。 このドラマ「武道館」は、小説家朝井リョウさんが書いた小説が原作だ。朝井リョウさんと言えば、若くして「桐島、部活やめるってよ」などのヒット作をとばし、2013年には23歳の若さで直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者ですね。

 

朝井リョウのプロフィール

朝井リョウ

本名:佐々井 遼(ささい りょう) 生年月日:1989年5月31日(26歳) 血液型:A型 出身地:岐阜県垂井町 最終学歴:早稲田大学文化構想学部卒

 

スポンサーリンク
 

実は会社員だった?

岐阜県立大垣北高校を卒業後、早稲田医学文化構想学部に進み、在学中に書いた「桐島、部活やめるってよ」が大ヒットし一躍有名人になった。その後に書いた小説「もういちど生まれる」その年の直木賞の候補にはなったが落選。しかし翌年書いた「何者」で見事に直木賞を獲得し、史上初の平成生まれの受賞者になった。さてこの朝井さんですが、実は大学卒業後は会社員として働いていたそうで、会社に行く前と、帰って来てからの数時間を執筆活動に当てていたというのです。朝井さんの勤務先は、映画会社の東宝。これまた凄い就職先ですね。誰もが羨む一流企業に、“二足のわらじ”で働きながら、直木賞も受賞してしまうのですから大したもんです。しかし、執筆活動が忙しくなってきてなのかさすがに勤務先の東宝は2015年に退職されています。

「朝井、会社やめるってよ」

と言って同僚に言われたのかどうかは定かではありません・・・。

まとめ

さて、このドラマ原作の「武道館」は、アイドルファンを公言する朝井さんが自身10作目の作品。元歳のアイドルがテーマのこの作品は、“NEXT YOU”いうアイドルグループ が憧れの武道館ライブを目標に数々の苦労やアクシデントを乗り越えて、目標に向かってひたむきにアイドル道を突き進む姿を描いたい作品です。物語の主人公のアイドルグループの”NEXT YOU”は、つんく♂がプロデュースするそうですし、何かと話題になりそうですね。楽しみです。

それでは最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - Juice=Juice ,