TAKE A CHANCE.com

武道館 愛子の父親日高恒彦役 矢柴俊博のプロフィール

      2017/02/10

 

スポンサーリンク

ドラマ「武道館」で愛子の父親役に、矢柴俊博(やしば としひろ)さんが決定しました。

この矢柴さんという俳優さんあまりご存じない方が多いと思いますが、現在放送中のドラマ「結婚式の前日に」とか、昔は「相棒」とかにの出演しいたりと、数多くの作品でわき役としてご活躍されている俳優さんです。

 

矢柴俊博(やしば としひろ)のプロフィール

日高恒彦 矢柴俊博

生年月日:1971年10月2日(44歳)
出生地:埼玉県草加市
身長:171 cm
血液型:A型
職業:俳優
配偶者:既婚

『北の国から』を見て監督になろうと日本大学芸術学部映画学科を受験したが不合格となり、早稲田大学第一文学部フランス文学専修に入学し、大学在学中に演劇サークルで役者活動を始める。

1994年に劇団森出身者を中心に演劇企画ユニット「CAB DRIVER」を結成し、主宰を務め、全ての本公演に出演し、全ての企画立案を担っていた。

大学を7年半かけて卒業した後は、損保会社のコールセンターで夜勤しながらCAB DRIVERの公演をはじめとする舞台を中心に活動していた。

その後、芸能事務所に籍を置き、活動の中心を舞台から映像へ移す。

 

【主な出演作品】

テレビドラマ
『電車男』
『Ns’あおい』
『救命病棟24時』
『VISION-殺しが見える女-』
『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』
『みんな!エスパーだよ!』

映画
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
『青木ヶ原』

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 - Juice=Juice , ,